【動画】ジャカルタの結婚式に欠かせない縁起物という巨大なワニパン=野上英文撮影
[PR]

 インドネシアの首都ジャカルタの川で昨年、野生のワニが見つかったことが地元のニュースになった。かつてはよく見られたそうだが、都市化が進んだせいで最近はほとんどその姿を目にすることがないためだ。

 そんなワニをかたどった巨大なパンが、ジャカルタの結婚式に欠かせない縁起物だと聞いた。全長1メートルほどの雄と雌のつがいで、もちろん食べられるという。

 ぜひ姿を拝んで、どんな味か、かじってみたい。

 ワニパンがお目見えするという下町の結婚披露宴にお邪魔させていただくことになった。披露宴の2月9日朝、ジャカルタ西部のラワ・クマンギサン地区に向かった。「ワニパンを見たいなら新郎宅へ」と聞いて訪ねると、親類や隣人らが家の外まであふれかえっていた。

 家の中も、かごに山盛りでラッピングされたリンゴやブドウ、ジュース、卵、菓子……。新品のシャンプーやミキサー、ティーセット、テレビと、足の踏み場がない。新郎の親類がお金を出しあって用意し、この日に披露宴がある新婦宅に持って行くという。

 ワニパンは、ソファに格上の扱いで置かれていた。うわさ通りの1メートル長のペアで、小さい子ワニパンもそばに一匹。焼きパンで、表面は茶色だ。

 「ワニパンはブタウィの慣習で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら