[PR]

 NHKは13日、新年度の番組キャスターを発表した。新しく始まる夜の報道番組「ニュースきょう一日」(平日午後11時20分)では、現在、「ニュース7」を土日祝日に担当している井上あさひアナウンサーがキャスターを務める。

 「ニュース7」のキャスターは現在の2人から3人に。平日は瀧川剛史アナがメインのキャスターで、サブキャスターは高井正智アナが引き続き担当するほか、上原光紀アナが新たに加わる。土日祝日は青井実アナが新しくメインのキャスターに。サブキャスターは、引き続き担当する井上裕貴アナに加え、池田伸子アナを新たに起用する。

 アナウンサーらは13日、東京・渋谷のNHK放送センターで報道陣の取材に応じた。

 井上あさひアナは、新番組を「ゆっくりくつろぎながらスマホ片手に、ニュースをチェックするような」番組だと紹介。これまでの報道番組や地方放送局での経験を生かしながら、「おやすみ前のひとときに、お一人お一人にクリアにお伝えしていく15分間にしたい」と語った。

 新たにニュース7を担当する瀧川アナは、自宅で2歳と7歳の娘と過ごす際、即興でおとぎ話を創作し、聞かせているエピソードを披露。「原稿なしでしゃべるときの練習にもなり、私の中では日課と言いますか。子供たちと過ごす上での、大切な一日の習慣です」と語った。

 ニュース7を引き続き担当する高井アナは、「1人増えるということは、『あと1時間、現場でもう少し取材したい』という気持ちをかなえられるんじゃないか。今度は現場から生中継も含めて伝えられる」と意気込みを語った。