[PR]

 エーデルワイス沖縄、もとぶウェルネスフーズ、沖縄美ら島財団の3社が沖縄県本部町産シークヮーサーを使った「おきなわシークヮーサーフィナンシェ」をこのほど発売した。本部町役場で12日発表した。

 フィナンシェはフランス発祥の焼き菓子の一種。シークヮーサー果汁で作ったジュレを、シークヮーサー果皮を練り込んだ生地で包んだ。爽やかな香りと酸味が特徴。一口サイズで5個入り800円、10個入りが1350円。

 海洋博公園内の沖縄美ら海水族館ショップ「ブルーマンタ」「オキちゃんショップ」「やんばるの杜」と、那覇市の国際通りにある美ら海水族館アンテナショップ「うみちゅらら」の4カ所で販売。

 エーデルワイス沖縄の山本憲司社長は「大変おいしいお菓子ができた」、美ら島財団の花城良廣理事長は「観光土産の主力商品にしていきたい」とPRした。(沖縄タイムス)