[PR]

 フィリピン国家捜査局は13日、ドゥテルテ大統領への批判的な報道姿勢で知られるネットメディア「ラップラー」の最高経営責任者マリア・レッサ氏を、インターネットを使った名誉毀損(きそん)の容疑で逮捕した。レッサ氏は保釈金10万ペソ(約21万円)を支払い、14日に釈放された。国内外の人権団体などからは「政権によるメディアへの圧力だ」と逮捕を批判する声が上がっている。

 問題とされたのはラップラーの2012年5月の記事。麻薬密輸などへの関わりがあると書かれた男性が「悪意をもって私をおとしめようとしている」として、17年になって被害を申し立て、フィリピン法務省がサイバー犯罪法違反としてレッサ氏を告発していた。

 レッサ氏は釈放後、記者団に対し、「私とラップラーだけの問題ではない。政府のメッセージは(メディアに)『黙れ』ということ。でも決して黙ってはいけない」と訴えた。これに対し、パネロ大統領報道官は14日、「逮捕は報道の自由とは無関係だ。政権の関与もない」と述べた。

 ラップラーは、ドゥテルテ氏支持のネット世論がSNSの偽アカウントから拡散されていることや、政府による麻薬犯罪取り締まりで多くの市民が司法手続きを経ずに殺害されていることを批判してきた。

 ドゥテルテ氏は自身への批判報道を繰り返すラップラーに対し、「フェイク(偽)ニュースの媒体だ」と猛反発。昨年2月には同社記者の大統領府取材を禁止した。(バンコク=鈴木暁子)

こんなニュースも