[PR]

 ふるさと納税の返礼品をめぐり、総務省と大阪府泉佐野市の対立が過熱している。地場産品に限るよう求める総務省は、規制を強化する改正法案を今国会に提出。泉佐野市は規制前の「駆け込み寄付」を狙ってギフト券の「100億円還元」を打ち上げた。背景には制度自体の欠陥がありそうだ。

 石田真敏総務相は19日、衆院総務委員会で「ルール外の返礼品を送る一部の地方団体にふるさと納税が集中する状況が改善される」と訴えた。改正法案は返礼品を「寄付額の3割以下の地場産品」に限り、従わない自治体に納税者が6月以降に寄付しても、税金の控除が受けられなくなる。

 過熱した返礼品競争を抑える趣旨だが、法改正に反発して駆け込み寄付を集める策に出たのが大阪府泉佐野市だ。今月5日、返礼品に加えて寄付額の10~20%のアマゾンのギフト券を還元すると公表。3月末までに「100億円」の還元を目標にするとぶち上げた。

 「駆け込み寄付」に対して、総…

この記事は有料会員記事です。残り1027文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1027文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1027文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!