顔も名も知らない「パパ、ごめんね」いま思う故郷・沖縄

有料会員記事沖縄県民投票

下地毅
[PR]

 沖縄・県民投票が14日に告示され、24日に投開票がある。東大阪市の大矢和枝さん(69)は沖縄生まれのアメラジアン(米国人と沖縄の人の間に生まれた子)だ。一度は捨てた沖縄。今はたまらなくいとおしい沖縄。ふるさとの未来に思いをめぐらす。

 大矢さんは1949年生まれ。父親のことは「米兵だった」としか分からない。顔も名前も知らない。

 沖縄戦が終わった45年、母親は収容所から沖縄・読谷村に帰った。隣町の米軍嘉手納基地に働きに出て妊娠し、相手の米兵が姿を消した後は堕胎も考えた。金色の産毛の大矢さんを産んだときは大騒ぎになった。その母親も、大矢さんが3歳の時に病のため23歳で死去。大矢さんは叔父と叔母に育てられた。

 こうした生い立ちは残酷な言葉と視線とになって大矢さんに襲いかかった。

 沖縄を早く逃げだしたくて高…

この記事は有料会員記事です。残り775文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら