[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、県警は14日、父親で団体職員の勇一郎容疑者(41)を心愛さんへの別の傷害容疑で再逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

 発表によると、勇一郎容疑者は昨年12月30日ごろ~今年1月3日ごろ、自宅で心愛さんの両腕をつかんで体をひきずり、顔を浴室の床に打ち付け、胸や顔を圧迫するなどの暴行を加え、顔面打撲や胸の骨が折れるけがを負わせた疑いがある。捜査関係者によると、県警は母親のなぎさ容疑者(32)も在宅し、勇一郎容疑者の暴行を容認していた可能性があるとみて調べている。

 県警によると、1月24日午後11時過ぎ、救急隊員が浴室で心愛さんの遺体を見つけた。県警は翌25日、心愛さんの髪の毛を引っ張り、冷水のシャワーをかけ、首付近を両手でわしづかみにするなどして擦り傷を負わせたとして、勇一郎容疑者を逮捕。2月4日には共犯としてなぎさ容疑者を逮捕していた。

 捜査関係者によると、勇一郎容疑者は当初、「しつけで、けがをさせるつもりはなかった。悪いことをしたとは思っていない」などと供述していたが、最近は黙秘しているという。なぎさ容疑者は「(事件の)2日ほど前から夫が暴行したり立たせたり、深夜に起こしたりした。自分も夫を止めなかった。食事を与えず、外出しないよう命じた」といった供述をしているという。