[PR]

 ブルースバンド「憂歌団(ゆうかだん)」のメンバー内田勘太郎さん(65)が愛用してきたギターがある。ボディー表面の化粧板がすり切れ、弦の間隔もバラバラになっていたが、思わぬ巡り合わせで、このギターを49年前に作り、今は富山県に工房を構えている職人の手元に。修理され、内田さんと新たな音を響かせることになった。

 このアコースティックギターは、1970年製の「チャキP―1」。2016年発表のソロアルバム「ディープ・ボトル・ネック・ギター」のカバーにも登場している。

 内田さんによると、ボーカルの木村充揮(あつき)さん(64)と憂歌団を結成したばかりの1971年、木村さんが楽器店のセールで1万7千円で買ったものを、内田さんが譲り受けた。「ライブで年に300日は弾いていたら、びっくりするほど音が出るギターになった」という。

 憂歌団は98年に活動を休止。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら