心愛さん一時保護解除の児相元所長「危険性予見できず」

有料会員記事

熊井洋美
【動画】相次ぐ「児童虐待」問題で注目が集まる児童相談所。そもそも何をするところなのか、動画で解説=グラフィック・上村伸也
[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、心愛さんの一時保護を解除した当時の県柏児童相談所長だった奥野智禎(ともよし)氏が取材に応じた。一連の判断について「危険性を予見できていなかった」と謝罪した。

 心愛さんは2017年11月、柏児相に一時保護された。奥野氏によると、一時保護期間中の心愛さんは、月に1回ほど昼食を共にした時も、ふさぎ込んでいる様子などはなかったという。

 同年12月下旬、柏児相は親族宅での養育などを条件に一時保護を解除。心愛さんは翌年3月上旬には親族宅から自宅へ戻ったが、柏児相は家庭訪問をしなかった。一時保護の理由になった「父親からの暴力」は続いており、今年1月24日、心愛さんは亡くなった。

 奥野氏は「結果としては極め…

この記事は有料会員記事です。残り224文字有料会員になると続きをお読みいただけます。