[PR]

 厳しい寒さが続く北海道内だが、ちょっとやそっとの寒さでは結氷しない場所が七飯町にある。大沼国定公園内の「白鳥台セバット」。オオハクチョウやカモ、サギなどがやって来ては、湖面に空いた水場で羽を休めている。

 セバットは「狭まったところ」の意味。大沼湖と小沼湖がわずかにつながっており、細くくびれている。狭いため水の流れが速く、厳冬期でも凍りにくいという。キツネなどの天敵を恐れる鳥たちも、水に浮いていればひと安心。

 写真撮影のため毎日のように通っているという男性によると、ハクチョウは夜間は別のねぐらで過ごし、日中に飛来する。冬の大沼の人気スポットになっており、観光客や親子連れなどが訪れている。(阿部浩明)