[PR]

 海上自衛隊大湊基地の雪中救難訓練が14日、青森県むつ市大畑町の国営薬研野営場周辺であった。普段は空から哨戒活動にあたる航空隊などの隊員らが、スキーやスノーシューをつけて仲間を救助する訓練にあたった。

 同基地の第25航空隊ヘリコプターが下北半島を飛行中にエンジンが不調となり山中に不時着したとの想定で、同航空隊や大湊警備隊などで編成する救難隊48人が参加した。

 現場は積雪120センチ、外気温零下4度の雪原。隊員たちは横一列になって「おーい、助けに来たぞ」「返事をしてくれ」などと声を張り上げ搭乗員を捜索。発見後は人工呼吸をしながらソリで運ぶという手順を確認していた。

 雪中訓練は12月から1~2週…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら