[PR]

 トレーニングジム大手のRIZAP(ライザップ)グループは14日、2018年4~12月期決算を発表した。売上高は前年同期比73・9%増の1724億円だったが、営業損益は57億円の赤字(前年同期は80億円の黒字)、純損益は81億円の赤字(前年同期は52億円の黒字)に、それぞれ転落した。

 フィットネスクラブを中心とした主力のライザップ関連事業は好調だったが、傘下企業の構造改革の関連費用が大きく響いた。ライザップは昨年11月に業績予想を下方修正し、19年3月期の純損益が赤字転落する見通しを発表。不採算企業の整理を進めている。瀬戸健社長は14日の会見で「今期中に構造改革の損失を確定し、来期から再び成長軌道に戻す」と述べた。