[PR]

 小泉純一郎元首相が顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」が14日、経団連に対し、原発問題に関する公開討論会の共催を呼びかけた。経団連の中西宏明会長が原発再稼働を進める立場から「国民的議論」の必要性を繰り返し訴えているのを受けた形だが、中西氏はこの日、静岡県御前崎市で記者団に「内容を知らないのでコメントはない」と述べるにとどめた。

 国会内で会見した推進連盟の吉原毅会長(城南信用金庫顧問)によると、小泉氏は討論会について「素晴らしい。実現すれば私も出る」と前向きという。小泉氏は14日の民放番組の収録でも「(原発推進派の)主張は全部ウソだと言っているが、反論がない」と挑発した。

 一方、中西氏は年明け以降、「原子力に関する議論が不足している」などと繰り返し発言してきた。経団連はこの春、エネルギー政策の提言をまとめる予定で、討論会よりも「提言を出すことが最優先」(中西氏)としている。(加藤裕則、関根慎一)