[PR]

 群馬県太田市の私立常磐高校(高山幸索〈こうさく〉校長)の剣道部の特別コーチが、体罰や暴言を数年前から繰り返していたことがわかった。問題発覚後、学校側は懲戒休職などの処分を検討していたが、14日に本人から退職届が先に提出されると、処分しないまま即日受理したという。

 同校によると、4年前に採用された非常勤講師の26歳男性で、男子の監督も務める。2年生の部員7人全員に対する体罰や暴言が常態化し、1対1のかかり稽古の際に防具で覆われていない部員の胸や肩にわざと竹刀を当てたり、「死ね」「バカ」「きもい」「マザコン」「消えろ」など、「人格を否定する」(高山校長)言葉を浴びせたりしていた。

 今月7日の練習後、2年生の主将が体育館の外階段2階の踊り場で、手すりにつかまり、「死にたい」と言っているのを別の部員が見つけた。制止すると、その場で泣き崩れたという。直前にコーチと通常の倍の30分超もかかり稽古をしており、周囲に「もう嫌だ」「限界だ」と漏らしていた。

 8日にこの騒ぎが学校に伝わり発覚。2年生にアンケートや聞き取りをすると、2年生への体罰・暴言は3年生が引退した昨年9月ごろ激化し、主将が標的だったとわかった。2年生らは今後のコーチの指導を拒否したという。

 同校は、コーチによる体罰・暴言は数年前から続いており、2年生全員が何らかの暴力を受けていたとみている。

 コーチは当初、同校の聴取に対し、「主将の男子部員は将来有望な子だったので強くしたい一心で指導した」として謝罪しなかった。だがその後、「自分の暴言や暴力で生徒を追い詰めてしまった。2年生たちに申し訳ない」と謝罪の言葉を述べたという。

 同校は13日にコーチの処分を決め、軽重を検討していたが、翌日に退職届が出されると処分を見送った。その理由を「(退職という)制裁を自ら科したことや、これまでの実績を評価した。穏便な措置を求める一部の保護者の声にも配慮した」と話した。

■処分見送り「温情含まれている…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら