藤井七段、なぜ強い

拡大する写真・図版朝日杯将棋オープン戦で連覇を果たし、師匠の杉本昌隆七段(左)と写真撮影に臨む藤井聡太七段=2019年2月16日午後、東京・有楽町、越田省吾撮影

[PR]

 将棋の藤井聡太七段(16)が16日、第12回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)で優勝し、2連覇を達成した。

 なぜ、強いのか。

 幼少期から大好きで取り組んだ「詰将棋」と、その結果、養われた「終盤力」が彼の将棋の土台になっているのは明らかだろう。

 また、プロ棋士養成機関「奨励会(しょうれいかい)」の最終関門、三段リーグに挑むころから活用し始めたAI(人工知能)の影響がプラスに作用しているのも間違いなさそうだ。

 でも、本当のところは、分から…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら