[PR]

 山形県南部に位置する長井、南陽、白鷹、飯豊の4市町が、観光推進を図ることを目的に一般社団法人「やまがたアルカディア観光局」を設立した。「住んでよし、訪れてよしの(地域が自慢できる)観光地域づくり」を基本理念に、観光庁の「地域連携DMO」に登録できるよう取り組んでいく。

 地域連携DMOでは、複数の自治体にまたがる区域を一つの観光地域として、マーケティングや商品開発などをする。登録には組織が法人格を取得することが前提で、登録されると、関係省庁から重点的な支援を受けることができる。

 同観光局は長井市に事務所を置き、理事長には内谷重治・長井市長が就いた。新年度から、4市町を巡る旅行商品の企画販売や、顧客の満足度調査、国内外の旅行会社などへの営業をするという。事業費は、国からの地方創生推進交付金などを活用する。

 明治初期に日本を旅した英国の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら