[PR]

 奈良県桜井市の長谷寺で14日、千年以上続くとされる春を呼ぶ火祭り「だだおし」があった。

 祭りは、罪や過ちを悔い改め、心身を清める「修二会(しゅにえ)」のしめくくり。太鼓の合図で赤・青・緑の鬼が声を上げて登場。僧侶の札の力で、お堂から追い出されると、男衆5人が担ぐ長さ約4・5メートル、重さ約150キロのたいまつとともに回廊を練り歩いた。

 燃えさかるたいまつが揺すられ、火の粉が舞うと集まった参拝客からは歓声と悲鳴があがった。間近で見ていた橿原市の男性は「今年は最初からたいまつの火の勢いがすごかった」と興奮した様子だった。(遠藤真梨)