[PR]

 大阪府は14日、今月8日と10日にJR東海道新幹線の東京―新大阪間を移動した40代女性がはしかに感染していたと発表した。同じ新幹線を利用した人に対し、高熱や発疹などはしかの恐れのある症状が出た場合、受診前にまず医療機関へ連絡するよう呼びかけている。

 府医療対策課によると、女性は6日に発熱があり、9日に発疹が出て、13日にはしかの感染が確認された。この間、8日午前11時56分新大阪駅発の「のぞみ340号」で東京駅まで移動。東京に滞在し、10日午後6時東京駅発の「のぞみ121号」で新大阪駅に戻った。ともに指定席だったという。

 府内では年始から12日までにはしかの患者が46人に達し、すでに昨年1年間の3倍以上になっている。