[PR]

 16日に開幕したアイスホッケー男子のアジアリーグ・プレーオフに出場している日本製紙は、今季限りで廃部するため受け入れ先を探している。ほかの国内3チームもリーグ脱退を検討していることが明らかになり、来季以降のリーグ存続が危ぶまれている。

全日本選手権7度優勝の強豪

 昨年12月に今季限りでの廃部を発表した日本製紙は1949年、旧十条製紙が北海道釧路市を拠点に創部。合併に伴い、93年に日本製紙に変わり、全日本選手権を7度、アジアリーグを4度優勝してきた強豪だ。

 アイスホッケーやスピードスケ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら