【動画】STU48の新谷野々花さん、三島遥香さんがお遍路体験に挑戦=中村律、井手さゆり撮影
[PR]

 瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」と各地の魅力を紹介し、西日本豪雨の被災地も応援する「瀬戸リスト」。徳島県鳴門市の四国霊場1番札所・霊山寺(りょうぜんじ)を訪れた2人は、お遍路さん「初心者」。まずは旅支度をそろえるところからスタートだ。

 お遍路の旅支度は、霊山寺の納経所でそろえることができる。初参拝となった新谷野々花さん(14)と三島遥香さん(20)は、お遍路用品に興味津々。88カ所の巡礼を123周しているというエキスパートの井内あや子さん(60)に、売り場を案内してもらった。

 はじめに井内さんは「弘法大師が修行した四国の88カ所を巡ることがお遍路です」。用品に目立つ「同行二人」という文言にも触れた。「一人ひとりにお大師さまがついて後押しして、守ってくださるということです」

 「道中着」とも呼ばれる白衣(びゃくえ)の長袖をまとった2人は、鏡を見ながら菅笠(すげがさ)のサイズ感をチェック。本堂や大師堂で唱える般若心経が入った金剛杖を選んだ。念珠は新谷さんが菩提樹(ぼだいじゅ)、三島さんが黒檀(こくたん)。白い肩掛けバッグ「さんや袋」を身につけ、参拝に必要なロウソクや線香、納経帳なども入れた。

 品定めについて、新谷さんは「すごく楽しかった。かわいいのばかり」。三島さんは「選んでいる時、のんちゃんは一番輝いていたね」と笑った。

 なお、オレンジや濃い青色、金色のごとく鮮やかな黄色と、色とりどりの輪袈裟(わげさ)のセレクトでは、2人の個性が表れたようだ。ロケ後に尋ねると――。

 新谷さん「STUをイメージして青色にしました」

 三島さん「意識高い! みんなのためにね。ちなみに、わたしは金(黄)だったのね」

 新谷さん「それは?」

 三島さん「金運アップするかなと……。ちょっと欲が出ちゃった(笑)」

 新谷さん「そこで欲を出すなー!(笑)」

 2人は掛け合い漫才のようなやりとりのネタで、取材陣を笑わせた。(中村律)