【動画】飼育している豚の殺処分が始まった「養豚団地」=高橋伸竹撮影
[PR]

 家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の感染が相次ぐ愛知県田原市で、災害派遣要請を受けた自衛隊も加わり、約1万5千頭にのぼる豚の殺処分が進められている。

 田原市は東海地方最大の養豚地域で、約10万頭が飼育されている。養豚場が集まる「養豚団地」で13日から2日続けて豚コレラの発生が確認され、さらなる感染拡大を防ぐため、農林水産省の判断で団地内の全ての豚が処分されることになった。この養豚団地から半径10キロ圏内にある養豚農家も、豚の出荷に制限を受けている。