[PR]

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件を受け、厚生労働省と文部科学省は児童相談所(児相)と学校、教育委員会などの連携強化策を検討する合同作業チームを設置する方針を固めた。

 事件では、心愛さんが小学校を欠席している情報などが児相と速やかに共有されなかったことや、心愛さんが父親からの暴力を訴えた小学校のアンケートのコピーを父親に渡した市教委の対応などが問題となっている。