[PR]

 新たな成長産業を生み出そうと中部経済連合会が構想する「イノベーション拠点」が今夏、名古屋・栄地区の複合施設ナディアパークにできる見通しになった。名古屋市と協力し、創業支援のイベントや業種を超えた交流会などを開催し、地域から革新的な価値の創造をめざす。

 パーク内のデザインセンタービル4階につくり、広さは約640平方メートル。名古屋市が整備・運営費の3分の2を、中経連が残りを担う。市は2月議会にかけている新年度当初予算案に8706万円の関係費用を計上し、中経連も3月下旬までに詳細を詰めていく。中経連の安形哲夫副会長(ジェイテクト社長)は「ものづくり、デザイン、アートが混じり合い、新しいものが生まれる場を産学官連携でつくる」と期待を寄せる。

 地域のリード役の自動車産業は、自動運転や電動化といった「100年に1度」の変化に直面。2027年には名古屋―東京間を結ぶリニア中央新幹線が開業し、東京への一極集中が加速する懸念もある。

 新拠点では、組織でイノベーションを担う人材育成事業なども計画している。名古屋市は「大手企業を会員とする中経連と組めたことは大きい。中小企業の支援や、地盤沈下が指摘されている栄地区の活性化にもつながれば」(産業労働課)としている。(山本知弘)