[PR]

 3月8日は、国連が定めた「国際女性デー」です。男女格差が大きいとされる日本を、若い人たち、とりわけ女の子たちが、性別にとらわれず生きることができる社会に――。「コンプレックスはアート(個性)なり」と宣言する4人組の女性バンド「CHAI(チャイ)」に、曲に込める思いを聞きました。

     ◇

双子のマナとカナ、ユウキ、ユナの友人同士で2015年から本格的に活動開始。昨年は米国、英国ツアーを達成した。夢はグラミー賞をとってかわいいの概念を変えること。

 ユウキ 私たちが表現する「コンプレックスはアート(個性)なり」というコンセプトは、4人の体験があって生まれたの。目が小さかったり鼻が低かったりして、求められる「世間が決めたかわいい」からは外される。女として日本で生きてきて、みんな苦しくてもがいてた。でも、4人が出会って「それの何が悪いんだ!」って気持ちが爆発して、このコンセプトになった。「個性は大事」って言葉はあふれているのに、実感できない。だから、正解がないアートという言葉を選んだ。

 マナ 4人とも地元が一緒で音楽が好きっていうのが共通点だった。原点の曲が「N.E.O.」だよね。歌詞の「全部同じ顔なんて変じゃない?」「目ちっちゃい 鼻低い くびれてない 足太い」はその人だけの個性で、新しいかわいいなんだよって気持ちを込めて、「NEOかわいい」って言葉も生まれた。

 ユウキ 今のかわいいは呪縛。目が大きい、足が長い、スリムで、体毛がなくてつるつるでとか。

 ユナ 私は顔のエラが張った輪…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら