[PR]

 「人力車は電気は使わない。では何で走る? 元気で走ります」。長野県小諸市の人力車夫が、口上も高らかに九州を北上中だ。地元の観光オフシーズンに武者修行をしようと、昨年12月に鹿児島県に入った。その後、宮崎県を経て19日現在、大分県内を旅している。各地の絶景スポットで人力車との絵になるコラボを重ね、多くの乗客を楽しませている。

 「ここは映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟(きせき)』に登場した建物なんですよ」。2月中旬の週末。喜楽屋笑太さん(38)は大分県豊後高田市の観光スポット「昭和の町」で車をひきながらお客を案内していた。レトロな看板の店やボンネットバス、オート三輪など、絵になるポイントで足を止めてはスマートフォンでサービスの写真を撮る。旅を始めて11カ所目の営業場所だ。

 軽トラックに人力車を積み、乗客や地域の人の情報をもとに絶景を探す。3日間営業すると、次の地に向かう。営業場所では近隣施設や近所の人にあいさつし、承諾をもらう。あわせて地域の歴史や観光情報も仕入れ、地元ガイドさながらの案内にいかす。

 岩手県出身。空手道場の内弟子になったりホテルで働いたり、自分に向いたことを探し続けてきた。長野には就農で移住したが合わなかった。「人を喜ばせ、楽しませ、笑顔にできる」「小さくても自分のペースでできる」。ようやく何がしたいのかを悟った2010年、ハローワークで人力車夫の求人を見つけた。

 募集していたのは小諸市観光協…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら