【動画】サッカー日本女子代表の高倉麻子監督インタビュー=松本俊撮影
[PR]

 6月に開幕するサッカーの女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で2大会ぶりの優勝を目指す日本女子代表(なでしこジャパン)=世界ランキング8位=が今月27日から、米国で開かれる国際大会「シービリーブスカップ」に臨む。2015年W杯カナダ大会優勝の米国=同1位=や、W杯1次リーグで日本と同組のイングランド=同4位=が出場するW杯の前哨戦と言える大会。その代表メンバーが15日に発表された。米国遠征を前に、W杯に向けた取り組みを高倉麻子監督(50)に聞いた。

最初の2戦で勝ち点積む

 ――W杯開幕まで4カ月を切った。

 「もうすぐだなと思うけど、普段の気持ちはあんま変わんない。舞い上がってもいない。常にやるべきことをとにかくやっていく」

 ――W杯1次リーグは、アルゼンチン(世界ランキング36位)、スコットランド(同20位)、イングランドと順に戦う。

 「前回のW杯準決勝で、日本は後半の追加時間に、イングランドのオウンゴールで勝ち越して勝った。だから、イングランドは非常に悔しい感情があるはず。初戦のアルゼンチンは南米独特のノリがあり、日本を相手に『やってやろう』というふうにくると思うので非常に怖い。スコットランドも欧州の非常に厳しい予選を勝ち抜いてきた。最初の2戦で勝ち点を積み上げられれば、勢いに乗れる」

 ――各国、各地域の勢力が変わりつつある。どうW杯を展望しているか。

 「どういうような展開になるのかわかりにくい。11年W杯ドイツ大会で日本が優勝してから世界のサッカーが組織的になり、質が変わった。17年の欧州選手権では、(前年まで世界ランク10位台だった)オランダが優勝するなど、各チームが高い選手の能力を生かして力をつけている」

全体のレベルを上げて競争

 ――16年4月の監督就任から、思い描いたようにチームづくりは進んだか。

 「そもそも思い描いていなかっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら