[PR]

 シンガー・ソングライターの秦基博さんと岩手県内の中高生らが出演して3月26日に盛岡市の県民会館で開かれる「復興支援音楽祭 歌の絆プロジェクト」(主催・三菱商事、岩手朝日テレビ、朝日新聞社)を前に15日、秦さんが大船渡市三陸町の市立越喜来(おきらい)中学校(岩崎弘校長、生徒数44人)を訪問した。

 越喜来地区は震災当時、津波に襲われた。練習前に秦さんは、越喜来湾の防潮堤の上から周辺を見学。被災した越喜来小学校の当時の校長だった今野義雄さん(62)から話を聞いた。

 生徒たちの合唱に聴き入った秦さんは「一緒にできることをすごく楽しみにしています」と語りかけた。3年の神津凜(りん)さん(15)は「被災して大変だったこと、頑張っていることを合唱を通して伝えたい」と話していた。

 プロジェクトは震災復興を音楽で後押ししようという試みで、本番は同中と不来方高校、釜石高校が出場し、合唱を披露。「ひまわりの約束」や「花」で知られる秦さんと共演する。(高原敦)