[PR]

 「やっぱりいいなあ」。マレーシアから旧正月のシンガポールに遊びにやって来た中華系の友人がせつなげに言う。視線の先には巨大な豚の紙飾りが揺れている。

 日本でいう「いのしし年」は中華圏では「豚年」。街中に豚の飾り物が登場する。中華系住民も多いマレーシアだが、人口の過半数が豚を不浄とするイスラム教徒のマレー系であるため、こうした飾りは見られない。

 代わりに形状の似ているドラえもんのオブジェを飾ったり、ライオンなど別の動物の絵を使ったり。商業施設は「豚隠し」に工夫をこらす。

 ただ、これは最近のことのよう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース