[PR]

 今年2月、メルトダウン事故を起こした東京電力福島第一原発1、2号機の中央制御室に入った。全面マスクに防護服を着て、担当者の案内で薄暗い部屋に足を踏み入れた。

 事故時、運転員ら24人がいたという室内は片付けられて整然としていた。壁一面の計器類には「使用不可」を示すテープが貼られている。懐中電灯で照らすと、水位計の脇に「21°30 +40cm」(「°」は時の意味)と走り書きが見えた。8年前、刻々と変わる原子炉の水位を書き取った跡だ。ひっそりと静まりかえった部屋は、時間が止まったようだ。

 東電と国が事故直後に定めた「廃炉完了まで30~40年」とした工程は、5分の1以上の時間が過ぎた。当初の「(トラブルに)モグラたたきのように対処する現場」(東電の担当者)からは脱したが、対処法が定まらない課題も多く、手探りが続く。

 中央制御室に隣接する原子炉建…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く