[PR]

 学校教育で「がん」を教える動きが茨城県内で広がっている。健診の重要性や命の大切さを伝えることが目的で、県内での実施率は100%だ。だが、学校によって授業内容は大きく異なり、国が推奨するがん体験者などを招いた授業は一部にとどまっており、課題もある。

 がん教育は、子どもたちが①健康と命の大切さについて学ぶ②自らの健康を適切に管理する③がんへの正しい知識と患者への正しい認識を持つ――などを狙いとしている。

 2012年策定のがん対策推進基本計画(第2期)で初めて位置づけられ、16年改正のがん対策基本法にも盛り込まれた。新学習指導要領では、中学生は21年度から、高校生は22年度から授業で取り扱うことになっている。

 県内でのがん教育の導入は進ん…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら