[PR]

 大阪市保健所は15日、超高層ビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)を訪れた客2人が、新たにはしかに感染したことが判明したと発表した。今月に入って同ビルのバレンタインフェア会場の店員やビルの利用客らが発症し、感染者は計18人になった。

 新たに感染が判明した客は20代と40代の男性で、それぞれ1月25日と26日にバレンタインフェア会場を訪れたという。保健所は同一の感染源の可能性が高いとして、同ビルを訪問した人たちに注意を呼びかけている。