[PR]

 山梨県山中湖村の芝生広場「山中湖交流プラザきらら」で16日、「山中湖アイスキャンドルフェスティバル」があった。山中湖観光協会などの主催。

 富士山を間近に望む広場を彩ったのは、約3千個のアイスキャンドル。協会の会員約100人が、バケツや牛乳パックに水を入れて凍らせ、手作りのランプシェードを作った。ろうそくの明かりが氷に反射し、ひときわ強く輝いた。

 広場では1月下旬から「富士山雪まつり」が開かれていて、催しは祭りを締めくくる「一夜限りのロマンチックナイト」として企画された。

 会場付近は「ダイヤモンド富士」の撮影適地。富士山と明かりの共演を撮影しようと、大勢の写真愛好家が集まった。(河合博司)