[PR]

 甲南女子大(神戸市東灘区)の14日の一般入試で、受験生211人のうち123人に受験票が届いていなかったことがわかった。受験生側から問い合わせが相次ぎ、大学は入試当日に受験票を会場で発行する対応をとったため、受験を希望しながら受けられなかった人はいないという。

 同大によると、4学部の一般入試の出願をインターネットで9日まで受け付け、試験前日までに受験票を届ける予定だった。しかし、作業が遅れ、123人分が間に合わなかった。受験票発送作業は外部の業者に委託していた。同大は受験票が届かなかった受験生に謝罪文を送付。担当者は「多大な迷惑をかけてしまった。しっかりと検証し、再発防止につなげたい」と話している。