【動画】盛岡・岩洞湖で氷上ワカサギ釣りを楽しむ人たち=諫山卓弥撮影
[PR]

 東北地方でも有数の寒さで知られる盛岡市藪川の岩洞(がんどう)湖に、氷上ワカサギ釣りを楽しもうと大勢の釣り人が訪れている。

 湖は山中にあるダム湖で標高約700メートル。藪川は先月に零下20・8度、今月に入っても零下18・2度を記録するなど厳寒の地。湖面に厚く張った氷の上には、早朝から色とりどりのテントが並び、寒さをしのぎながら、氷に穴を開けて釣り糸を垂らす人の姿が見られた。

 盛岡市内から訪れた男性(32)は「防寒靴を履いていても足元から冷えます。100匹以上釣りたい」と話していた。

 岩洞湖漁業協同組合によると、平日は200~300人、休日には1千人ほどが訪れるという。

 今年は1月24日に解禁。例年では3月中旬まで続くが、今後の気象条件で変わる可能性がある。(諫山卓弥