[PR]

 第12回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の準決勝が16日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで行われ、前回優勝の藤井聡太七段(16)が行方(なめかた)尚史八段(45)を破って決勝に進出した。史上2人目の連覇まで、あと1勝と迫った。

 本戦から出場した藤井七段は、A級棋士に2連勝して4強に進出した。藤井七段は、第1回の優勝者で名人戦で挑戦者になった経験もある行方八段と対戦。対局が始まって1時間が経っても、にらみ合いが続く長期戦になった。共に持ち時間を使い切る状況になる中、藤井七段が勝ちきった。

 もう一方の準決勝では、今年のタイトル戦で5戦無敗の渡辺明棋王(34)と、今期11連勝を記録するなど好調の千田翔太六段(24)が対戦。前例が少ない力勝負を渡辺棋王が105手で制した。決勝の藤井七段―渡辺棋王戦は午後2時30分から行われる。

 朝日杯は持ち時間各40分で、使い切ると1手1分未満で指す早指し戦。準決勝・決勝は毎年公開されており、観戦チケットは完売した。対局の棋譜と大盤解説会は朝日新聞デジタル(http://www.asahi.com/shougi/)で中継(有料会員が対象)する。(村瀬信也