[PR]

 さまざまな自転車に試乗できる「国内最大級」の自転車の祭典「埼玉サイクルエキスポ」が16日、さいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで始まった。大勢の親子連れや自転車ファンが訪れ、笑顔でペダルをこいだり購入する自転車を選んだりしていた。

 県や県サイクリング協会などでつくる実行委が主催。各メーカーが最新モデルを販売し始めるこの時期に合わせ、今年で6回目になる。「『自転車発祥の地』とされる埼玉の魅力も発信する」と県担当者。約130のメーカーや団体が出展し、自転車の特徴や保険の説明なども行った。

 6種類の折りたたみ自転車を乗り比べた横浜市の川崎則子さん(44)は「タイヤの大きさや太さなどで乗りやすさも全然違う」。自転車教室でこの日初めて自転車に乗った川口市の横山輝人君(4)は「ブレーキをぎゅっとするのが楽しかった。黄色い自転車で遊園地や川口に行きたい」と笑顔だった。

 催しは17日もある。午前9時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら