[PR]

 毛沢東の秘書も務めた中国共産党幹部でありながら、党内の民主化を訴え、天安門事件での武力弾圧にも最後まで反対した李鋭氏が101歳で死去した。党員である前に人としてあるべき姿を貫いたその人生について、李氏のもとに通い続けてその思想を聞き取ってきた及川淳子・中央大学准教授に聞いた。

     ◇

 中国共産党の改革派長老として知られた李鋭氏は、党内で様々な役職と経験を重ねながら自らの信念を貫き、「党の良心」と呼ばれた。

 憲法第35条に明記されている言論の自由を擁護し、党や政府とは異なる自由な政治的発言の重要性を説いた。引退後も党内部の民主化を実現することで、中国全体の憲政民主を推進しようと尽力した。

 李氏の存在は、中国共産党の体制内の多様性と複雑性の象徴だ。彼が文革後に復権してから、指導部に異論を唱えながらも最後まで党員であり続けたことは、党の強靱(きょうじん)さの表れでもあったといえよう。

 現代中国の言論空間を専門に研究する私は、李氏へのインタビュー調査を続けてきた。長江三峡ダムの建設をめぐり、毛沢東に反対意見を述べた大胆さに魅了され、北京に李氏を訪ね続けて19年が過ぎた。

 私の研究室には、李氏から贈られた額装の書がある。

 力強い筆致で、「人としてのあ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら