[PR]

 大阪府の松井一郎知事(大阪維新の会代表)は、大阪市の吉村洋文市長(維新政調会長)とともに辞職して知事と市長を入れ替える「出直しクロス選」に臨む考えを安倍政権幹部に伝えた。大阪都構想の是非を問う住民投票を今秋実施する合意書の作成を公明党に要請したが、妥結の可能性は低いとみて辞職に向けた最終調整に入った。

 松井、吉村両氏は統一地方選(4月7日投開票)と同日選となるよう任期途中で辞職する方針で、3月上旬に正式表明する方向で調整。両氏が同じポストで立候補して当選した場合の任期は今年11~12月となるため、入れ替え選によって4年間の任期を確保して批判を回避する狙い。週明け、都構想案を作成する府・市の法定協議会の運営も見極めつつ最終判断する。

 関係者によると、維新、公明両…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら