[PR]

 沖縄でプロ野球の春季キャンプが始まって今年で40周年。温暖な気候が受け入れられ、今や1軍キャンプは9球団にも上る。1979年から一番乗りしたのは日本ハムだ。県庁所在地の那覇市ではなく、なぜ、本島北部の名護市をキャンプ地に選んだのか。

 日本ハムは米アリゾナ州での1次キャンプを終え、15日から名護で2次キャンプをスタートさせた。沖縄と関係を強めたきっかけは77年、当時の本拠地だった後楽園スタジアムの公式戦で行った「沖縄デー」だという。本土復帰5周年を記念し、沖縄をPRしたイベントだった。

 当時の春季キャンプ地は四国や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら