[PR]

 16日午後5時半ごろ、新潟県湯沢町三俣の神楽ケ峰にスキーに来ていた男性2人が宿泊予定の山小屋に来ていないと、知人から南魚沼署に通報があった。署によると、2人は神奈川県藤沢市の自営業の男性(59)と東京都世田谷区の会社員の男性(38)で、新潟県警や消防などは遭難した可能性があるとみて付近を捜索する。

 署によると、2人は1泊2日の予定で、コース外を滑走するバックカントリースキーに来ていたという。到着予定の午後3時になっても山小屋に現れず、携帯電話もつながらなかったため、知人の男性が署に通報した。