[PR]

 東日本大震災からの復興支援と環境への配慮を掲げた「京都マラソン2019」(京都市など主催)が17日、京都市内であった。冬晴れの下、1万6723人が参加。西京極総合運動公園を起点に、仁和寺、金閣寺、上賀茂神社、銀閣寺といった世界遺産の近くを通り、平安神宮前をゴールとするコースを駆け抜けた。(高橋豪)

 今年は、男女ともに仕事終わりに練習を積み重ねた会社員が栄冠を手にした。

 男子の部は千葉県松戸市の丸山竜也さん(24)が2時間16分27秒の大会新記録で優勝した。専修大時代に関東学生連合チームで箱根駅伝にも出場した実力者。卒業後も走りへの情熱は衰えず、去年の京都マラソンでマラソンデビューした。会社から家まで約20キロの道のりを1時間半ほどかけて走って帰るなど、こつこつと努力を積み重ねてきた。「ペースを落とさずにいけた。最強の市民ランナーになりたい」と話した。

 女子の部は埼玉県加須市の篠崎…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら