[PR]

 スポーツによる子どものけがを防ぎ、競技力を上げるための講習会が17日、佐賀県江北町の佐賀のへそ・ふれあい交流センターネイブルであり、少年スポーツの指導者や保護者ら約80人が参加した。

 講習会では、理学療法士で少年野球の監督・コーチ経験がある小松智さん(55)が、小学生のけがの特徴や、防止のためのストレッチなどを教えた。

 小松さんは、成長期の子どもは大人と違い、腕や脚の関節近くにある軟骨に障害が起きやすいと説明。「早い段階で気づけば早く良くなる」と話した。

 体を柔らかくしたり、スムーズ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら