【動画】つる性植物「クズ」撤去 美しい海岸守れ 山口=三沢敦撮影
[PR]

 白砂青松で名高い山口県光市の虹ケ浜海岸の東側で、つる性植物の「クズ」が繁殖し、貴重な海浜植物の生育を脅かしている。美しい景観も損ねるため、自然保護活動に取り組む市民グループ「ひかりエコメイト」が昨年から撤去作業を続けている。

 17日、島田川河口近くでクズの撤去作業があった。集まった市民や学生ら約70人が鎌やスコップを手に汗を流した。

 地をはうように伸びるクズは一帯を覆い尽くし、分け入るのも難しい。引き抜いた茎の中には長さが23メートルを超すものもあり、「予想以上に大変な作業」との声が聞かれた。

 クズはマメ科の多年草で、秋の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら