[PR]

(数字は%。小数点以下は四捨五入。◆は全員への質問。◇は枝分かれ質問で該当する回答者の中での比率。〈 〉内の数字は全体に対する比率。丸カッコ内の数字は、1月19、20日の調査結果)

◆いまの政治などについてうかがいます。あなたは安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。

 支持する 41(43)

 支持しない 38(38)

 その他・答えない 21(19)

◇(「支持する」と答えた人に)それはどうしてですか。(選択肢から一つ選ぶ=択一)

 首相が安倍さん 11〈5〉

 自民党中心の内閣 14〈6〉

 政策の面 20〈8〉

 他よりよさそう 52〈21〉

 その他・答えない 3〈1〉

◇(「支持しない」と答えた人に)それはどうしてですか。(択一)

 首相が安倍さん 17〈7〉

 自民党中心の内閣 21〈8〉

 政策の面 48〈18〉

 他のほうがよさそう 9〈3〉

 その他・答えない 5〈2〉

◆あなたは今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。

 自民党 37(38)

 立憲民主党 6(7)

 国民民主党 1(1)

 公明党 3(3)

 共産党 2(3)

 日本維新の会 1(1)

 自由党 0(0)

 希望の党 0(0)

 社民党 0(0)

 その他の政党 1(0)

 支持する政党はない 41(38)

 答えない・分からない 8(9)

◆政府は、景気回復の期間が戦後、最も長くなった可能性が大きいと発表しました。あなたは、景気が回復している実感がありますか。実感はありませんか。

 実感がある 16

 実感はない 78

 その他・答えない 6

◆厚生労働省の賃金などに関する統計が、不正に調査されていたことが分かりました。あなたは、政府が出す統計データへの信頼が揺らいだと思いますか。そうは思いませんか。

 揺らいだ 67

 そうは思わない 21

 その他・答えない 12

◆あなたは、統計が不正に調査されていた問題の真相解明について、安倍政権の対応は適切だと思いますか。適切ではないと思いますか。

 適切だ 15

 適切ではない 61

 その他・答えない 24

◆賃金などに関する統計の不正が発覚した後も、安倍首相は、雇用や所得の環境が改善しているとの判断に変更はない、と説明しています。あなたは、安倍首相の説明に納得できますか。納得できませんか。

 納得できる 20

 納得できない 64

 その他・答えない 16

◆オリンピックなどを担当する桜田義孝大臣が、失言などを理由に、野党から大臣としての資質を問われています。あなたは、桜田大臣がオリンピックの担当大臣にふさわしいと思いますか。ふさわしくないと思いますか。

 ふさわしい 13

 ふさわしくない 65

 その他・答えない 22

◆北方領土についてうかがいます。安倍首相は最近、ロシアとの交渉に影響を与えるとして、北方領土について「日本固有の領土」という言葉を使わなくなりました。あなたは、安倍首相のこうした姿勢に納得できますか。納得できませんか。

 納得できる 32

 納得できない 47

 その他・答えない 21

◆千葉県で、親から虐待を受けていた小学4年生の女の子が死亡する事件がありました。あなたは、この事件で児童相談所や教育委員会の対応に、どの程度問題があったと思いますか。(択一)

 大いに問題があった 67

 ある程度問題があった 28

 あまり問題はなかった 3

 まったく問題はなかった 0

 その他・答えない 2

◆あなたは、親による体罰を法律で禁止する方がよいと思いますか。禁止しない方がよいと思いますか。

 禁止する方がよい 46

 禁止しない方がよい 32

 その他・答えない 22

◆沖縄の基地問題についてうかがいます。あなたは、沖縄県にあるアメリカ軍の普天間飛行場を、沖縄県の名護市辺野古に移設することに賛成ですか。反対ですか。

 賛成 34

 反対 37

 その他・答えない 29

◆あなたは、沖縄の米軍基地は日本の安全保障にとって、どの程度必要だと思いますか。(択一)

 大いに必要だ 20

 ある程度必要だ 53

 あまり必要ではない 18

 まったく必要ではない 6

 その他・答えない 3

◆あなたは、いま停止している原子力発電所の運転を再開することに賛成ですか。反対ですか。

 賛成 32

 反対 56

 その他・答えない 12

◆あなたは、国民の間で福島第一原発事故の被災者への関心が薄れ、風化しつつあると思いますか。そうは思いませんか。

 風化しつつある 71

 そうは思わない 23

 その他・答えない 6

    ◇

 〈調査方法〉 コンピューターで無作為に電話番号を作成し、固定電話と携帯電話に調査員が電話をかけるRDD方式で、16、17の両日に全国の有権者を対象に調査した(固定は福島県の一部を除く)。固定は有権者がいると判明した1934世帯から960人(回答率50%)、携帯は有権者につながった2080件のうち967人(同46%)、計1927人の有効回答を得た。