[PR]

 福岡県みやこ町犀川大坂の松木果樹園が、ほかの模範となる農業者や生産団体を表彰する「第20回全国果樹技術・経営コンクール」で全国で4件の農林水産大臣賞に選ばれた。社長の松木実さん(64)が18日、町役場を訪れ、井上幸春町長に報告した。

 松木果樹園は1982年に開園。それまで北九州市八幡西区にあったが、周辺の宅地開発に伴い、現在地で松木さんの父や兄らと開いた。ナシやモモ、ブドウを中心に9品目40種を栽培しており、フルーツ狩りや直売所、レストラン「フルーツ工房えふ」を目当てに年間10万人が来場する人気スポットで、地域経済への波及効果も大きい。新たに冬場の集客をねらってイチゴ狩りも始めたばかりだ。

 広さは約4・5ヘクタールで、家族や親族のほかパートも含めた従業員は男女26人と県内では有数の規模。2005年には県の指導農業士に認定され、4年前から農水省職員研修を受け入れているほか、新規就農者の育成に貢献している点なども評価された。1999年にも全国農業コンクールで農林水産大臣賞に輝いている。

 松木さんは「レストランによる…

この記事は有料会員記事です。残り166文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り166文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り166文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース