[PR]

 日本海から約15キロ離れた北海道小平町の住吉地区で12日、ウミスズメの仲間が農家の男性(58)に保護された。水かきがある小さな鳥を見るのは初めてで、寒さを防ぐなど家族と手を尽くしたが、翌朝死んだ。男性は「こんな小さな海鳥がなぜここまで」と残念がっている。

 男性が保護したのは12日朝で、自宅隣の牛舎前で雪の上にうずくまっていた。自宅に持ち帰り、寒さから守るため、タオルと一緒に段ボール箱へ入れた。鳥かごに移し、水やカマボコを入れ、ストレスを与えぬよう暗くして見守ったが、翌朝には冷たくなっていた。

 ウトナイ湖野生鳥獣保護センター(苫小牧市)に死んだ個体を送り、コウミスズメとわかった。体長は15センチほどで、日本には北の海から越冬のため飛来し、数羽から数十羽で海上生活をしている。男性は「海鳥とは思ったが、エサも対処法もわからず、家族も残念がっていた」という。

 ウミガラス(オロロンチョウ)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら