【動画】インドネシアのペニダ島。リゾート地の海にプラスチックごみが漂う=諫山卓弥撮影
[PR]

 「地上の楽園」とも言われるインドネシア・バリ島の海が、プラスチックに侵されている。雨期に、陸地からプラスチックごみが大量に流れ込むという。

 昨年12月中旬、バリ島の東に浮かぶ離島ペニダ島の港から、ダイビングの名所「マンタスポット」をボートで目指した。

 近づくと、すでに観光ボートが10隻ほど停泊していた。船長がマンタの泳ぎをまねて両手を広げてゆっくり上下させながら「今日はいるか?」と、先にいた船長に確認した。

 ガイドの合図で観光客らが次々と海に飛び込む。カラフルな熱帯魚が悠々と泳ぎ、サンゴ礁の美しさにみとれる。マンタも見られ、みんな笑顔だ。

 だが、数百メートル先の海面には、大量のごみが浮かんでいた。菓子袋や飲料入りで売られる透明カップ、ペットボトル、薄茶に色あせたレジ袋……。ほとんどがプラスチックごみだ。飲料ケースに隠れるように小魚が泳いでいる。漂うポリ袋はクラゲのようだ。

 「リゾートが台無し」。ドイツから来た女性デザイナー(33)がため息をついた。

 日本人にとっては定番の観光地、バリ島のクタビーチ。白砂が続き、真っ赤な夕日が海に沈む光景を見に、大勢の人が集まっていた。

 しかし、足元には、無数のプラスチックごみが広がっていた。浜辺は毎朝、住民らが清掃しているにもかかわらず、日没近くになると、打ち上げられたプラスチックごみでいっぱいになる。

 プラスチックごみが海にどっと浮かぶのは、毎年、12月中旬~2月。雨期にあたり、大雨で陸地から押し流されてくる。インドネシア政府は「海洋ごみの80%が陸地からの流入」とする。マンタスポットは太平洋とインド洋の海流がぶつかる入り江で、他の島や地域からのごみも流れ込む。

 2016年の世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で示された報告書によると、世界で年800万トン以上のプラスチックごみが海に流れ出ているという。海の生態系への影響が懸念される。細かく砕けた粒「マイクロプラスチック」は、食物連鎖で人間を含む多くの動物に悪影響を及ぼす恐れがある。海洋プラスチック汚染は地球規模の脅威だ。(インドネシア・バリ島=野上英文、杉本崇)