[PR]

 横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)は18日、飼育していたジンベエザメが死亡した、と発表した。

 シーパラダイスによると、死亡したのは体長4・5メートルのオス。昨年8月に千葉・館山沖の定置網に迷い込んだのを保護し、10月から展示・飼育していた。

 今月5日からエサを食べなくなり、薬を与えるなどしていたが、18日午後4時半ごろ、飼育員が死亡を確認したという。今後、専門機関と連携して死因などを調べる。

 シーパラダイスではこれ以前に2度、いずれも館山で定置網に迷い込んだジンベエザメを保護し、飼育していたことがある。(安藤仙一朗)