[PR]

 グスタフ・クリムト(1862~1918)の油彩画が、過去最多の25点以上並ぶ「クリムト展 ウィーンと日本1900」。日本とオーストリアの友好150周年を記念する本展には、日本美術から受けた影響を見て取れる作品も展示される。

 その一つがクリムト初期の作品で、後に生涯のパートナーとなる女性を描いた「17歳のエミーリエ・フレーゲの肖像」=写真=だ。額縁に注目すると、金地に草花が描かれ日本風。クリムト本人のデザインだという。1873年の万博をきっかけに、1900年ごろのウィーンでは日本美術が大きな注目を集めていた。本展監修者の一人、ベルベデーレ宮オーストリア絵画館のマークス・フェリンガー学芸員は「当時のブルジョア層に人気のあった日本美術に関する雑誌や書籍を、クリムトも創作の参考にしたのだろう」とみる。

 本展では、クリムト自身が収集していたとされる日本の工芸品なども紹介。日本との関わりに光を当てたコーナーも見どころだ。東京・上野の東京都美術館で4月23日から7月10日まで。詳細は公式サイト(https://klimt2019.jp/別ウインドウで開きます)。