[PR]

 今や生まれつきと違う髪の色に染めている若者は珍しくないが、「茶髪=不良」と思われていた時代があった。平成の間に、若者の髪色の流行はどう変遷していったのか。

 1905年創業のヘアカラー大手の「ホーユー」(名古屋市東区)。元々は「ビゲン」シリーズなど白髪染めを主力商品としてきたが、「ビューティラボ」など地毛の色を変える商品も数多く展開している。

 「平成初頭は茶髪にするのは不良というイメージが強かった」と総務部の小林直樹さんは話す。「不良を誘発しないように」と染髪剤の外装は地味なデザインだったという。

 転機は95年ごろに登場した「アムラー」たちだ。ミニスカート、厚底ブーツに明るい髪色。歌手の安室奈美恵さんにあこがれた女性たちが広めた。

 96年発売の「ビューティーン」体験シリーズでは、若者向けにポップな色使いのデザインに改めようとしたが、当時の幹部は難色を示した。営業担当の経験がある小林さんは、これまでのパッケージでは若者に受けないことを知っていた。

 「だから、(組織の)上は無視して変えてしまったんです」

 シリーズは売れに売れた。店に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら